HOME

ふたば保育園

  • ふたば保育園について
    • 理念・方針
    • 園の概要
    • 園の歴史
    • 園長あいさつ
    • 地域子育て支援
  • 当園の保育・教育について
    • 幼児期の教育
    • 保育の特色
    • 子どもの遊びの様子
    • 園の一年
    • 年間行事
    • 一日の流れ
    • クラス編成
    • 最新情報
  • 園舎紹介
  • リクルート
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ダウンロード
  • ログイン

「保育の特色」

当園では、子どもが自らしたい遊びを自ら選んで遊び込みます。自分でしたいことを自ら決めて主体的に行動していくことが大切だと考えています。
また、歳児クラス別編成を中心としながら、異年齢同士の交流も充実。自分が過ごしたい部屋で過ごしたり、遊んだりします。超少子化社会を迎えた現代、地域でなかなかできない子ども同士の交流が十分できるために、保育園や幼稚園の役割は非常に大きいと考えています。

  • より自由感のある保育へ
  • 遊びを自ら選択できる

下は、ニュージーランドの幼児教育カリキュラム「テ・ファリキ」にある「遊びの中の学びをみる5つの視点」です。遊びの中において、これらの姿が見られるとき、子どもは何かしら学んでいると考えられます。

遊びの中の学びを見る視点 ※NZ保育カリキュラム「テ・ファリキ」より抜粋

  • 関心をもつ
  • 熱中している
  • 困難に立ち向かう
  • 考えや気持ちを表現する
  • 責任をとる
ページトップ
ページトップ